エポスマイソン

OIOIでお馴染みのエポスカードの入会特典から旅行サポートの仕組みなど色んなサービスが豊富です!

どんなイメージがある?

現在、クレジットカードの現金化の知名度がどんどん高くなってきています。

クレジットカードの現金化についてあまり知らない人の中には、クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードを誰かに売却をしてお金を得ているというイメージを持っている人も結構いるそうです。

ですが、クレジットカードの現金化というのは、誰かに譲渡してお金を手に入れるというわけではありません。

クレジットカードのショッピング枠で、カード決済をして、現金化会社にキャッシュバックをしてもらったり、買取をしてもらったりして資金調達をするという方法がクレジットカードの現金化となっているのです。

インターネットや電話申し込みの場合は、こちらの銀行口座に現金化されたお金を振り込んでもらうことができるのですが、店舗型の現金化会社では、その場で現金を受け取ることができるようになっています。

現金化会社からキャッシュバックをしてもらえる商品をクレジットカードで購入します。

そして、現金化会社はキャッシュバックとして、手数料を除いた購入代金を支払っているのです。

この手数料というのは、現金化会社によって違っています。

中には、非常に高いキャッシュバック率を謳っている会社もあるのですが、別に手数料を取られてしまうということもあります。

ですから、キャッシュバック率が95%以上で宣伝をしている現金化会社は利用しないようにすることをオススメします。

キャッシュバックというのは、家電量販店やデパート、通販サイトなどでも行われていることが多いです。

購入代金の中の何%かを購入者に還元するというものとなっています。

その還元される金額が8割以上になっているのが、クレジットカードの現金化となっているのです。

クレジットカードの現金化会社の中には、景品として支払うようにしているということもあります。

景品としてキャッシュバックをしているわけですから、法律に引っかかってしまうということもありません。

ただし、最近はクレジットカードの現金化会社の中でも悪質な業者が増えてきているといわれていますし、法律の面でもグレーゾーンだとされています。

今は、現金化が法律で禁止になっていませんが、今後法律が改正されて、クレジットカードの現金化は禁止になるということだってあるかもしれません。

そうなったら、クレジットカードの現金化で資金調達をすることはできなくなってしまうということを理解しておかなくてはなりません。

また、法律には引っかからなくても、カード発行会社に利用規約に違反をしている可能性もあります。

違反していることがカード会社にしられると、カードを利用することができなくなるといったペナルティを受けることになるかもしれません。

 

Copyright© maisonchoixetrealite All Rights Reserved.